ミュージック・ペンクラブ・ジャパン
ミュージック・ペンクラブ・ジャパン

Popular Review

- 最新号 -

ALBUM Review

David K. Mathews
THE FANTASY VOCAL SESSIONS

Effendi Records RR 002

  サンタナのキーボード奏者、デヴィッド・K・マシューズが世話になったサンフランシスコの有名なファンタジー・スタジオへのトリビュート・シリーズの第二弾。一枚目は、「Smile」、「Skylark」等スタンダード曲をストレート・アヘッドなジャズ・アレンジで歌うものだったが、第二作目の本作は、ソウル、ポップ、R&Bのナンバーをジャズのアレンジで歌うもの。参加しているヴォーカリストは、前作と同じ顔触れもいるが、サンフランシスコで活躍のサンタナ時代の盟友トニー・リンゼイ、アレックス・リガートウッドやレデイ・ビアンカ、ステイーブ・ミラー、アミカイーラ、ケニー・ワシントン等など多彩の顔ぶれが参加している。デヴィッド・K・マシューズは、タワー・オブ・パワーで活躍したり、エタ・ジェームスの伴奏を永年務めたりお得意の分野だ。彼の的を得たヒップなアレンジに乗ってそれぞれ気持ちの良いヴォーカルを披露する。最後のケニー・ワシントンによる12分にわたるビートルズの「イエスタデイ」が特に印象に残った。先の計画も予定されていて、第三弾は、ブルース、第4弾は、アフロキューバンとブラジリアンになる予定だという。(高田敬三)

ALBUM Review

アンディ・ブラウン
アローン・タイム

ミューザック MZCS 1418

  アンディ・ブラウンは、シカゴを中心に活躍するジャズ・ギタリスト、ソロ・ギター、カルテット、奥さんの歌手、ペトラ・ヴァン・ナウスとのコラボレ―ションとコロナ前まではクラブやコンサートで忙しく活躍していた。パンデミックの中でも自宅の地下や裏庭からライヴ・ストリームを発信し続けている。最近は、レベッカ・キルゴアとデュオによるライヴ・アルバムも発表した。彼は、以前、「ソロイスト」、「トリオ&ソロ」といったアルバムを出しているが、本作は、今年2月に吹き込まれた第二作目のお得意のソロ作品。ペトラ・ヴァン・ナウスとのアルバムは、「いつも二人で」、「トライ・トゥ・リメンバ―」と2枚すでに日本で紹介されているが、彼のソロ・アルバムは、日本初登場だ。チェット・ベイカーの歌で有名な「ルック・フォー・ザ・シルヴァー・ライニング」から始まり、ブラジル・ナンバーや、「リトル・ホワイト-ライズ」、「ザ・ジプシー」,「ザ・ベスト・シング・フォー・ユー」等渋目のスタンダード・ナンバーも交えて14曲、ギター一本でリリカルに心地よく親しみ易い演奏で聞き手を引き付ける力量は、素晴らしいものだ。リズムとリードのパートを同時に弾く「ベルヴィル」は、ギターが2本あるのかと思ってしまう。彼のシカゴのクラブ「ウイスキー・ラウンジ」でのソロ・ライヴの動画がYOUTUBEに載っているが、アクセス数が2百7拾万回に届こうかという人気なのも頷ける。ギター・ファンの多い日本からのアクセスも非常に多いという話を聞いた。いずれ、日本でもライヴを聞きたいものだ。(高田敬三)

ALBUM Review

城田優「even if」(Mariage)

 アルバム「Mariage」はJPOPのカバーアルバムである。
 今年5月に発売される予定だったがコロナ感染の影響を受けて今秋に発売が延期された。先日、その中から平井堅の楽曲カバーである「even if」が先行配信された。
 城田優と言えばドラマ「花ざかりの君たちへ」「ハケンの品格」などの出演によって俳優の印象が強いが、実は「美少女戦士セーラームーン」や「テニスの王子様」などミュージカル俳優としての経歴は15年以上になる。
 彼がミュージカル俳優として注目を浴びたのは、2010年の「エリザベート」でのトート役で芸術祭新人賞を受賞してからだろう。その後はコンスタントにミュージカル作品への出演を決め、昨年は「ピピン」や「ファントム」などで次々と主役を務めた。ミュージカル俳優としての彼の評価は非常に高いものがあるが、近年、JPOPのカバー曲を歌うことを積極的に取り入れている。アルバム「Mariage」もそういう彼の取り組みから生まれた一枚と言えるだろう。
 「even if」は切ない片思いの男の歌だ。彼に貰った指輪を嬉しそうに眺める彼女に自分の心に鍵をかけて言葉を飲み込む切ない心情が甘い歌声で綴られていく。
 城田優の吐息のような無色の歌声と芯のある色彩豊かな歌声が音の粒になって言葉の上を並んでいく。この息を吐くように歌う特徴は、ミュージカル俳優として長年培ってきたもの以外の何者でもない。彼が歌うJPOPのカバー曲には強く演技者としての色が塗り込められていることだろう。発売が待ち遠しい一枚だ。(松島耒仁子)