2015年度ミュージック・ペンクラブ・ジャパン三役と委員の紹介


 ミュージック・ペンクラブ・ジャパンは、1966年に設立された「音楽執筆者協議会」を母胎としています。この団体は当時の音楽界の第一線に立つ約40名のクラシック、ポピュラーの音楽評論家・オーディオ評論家によって結成されたもので、会員の原稿料・著作権保護を求め、同時に言論による日本の音楽文化の向上を目指した権益保護団体でした。
 1994年に、ペンをもって音楽と関わる人材を集めた組織として、名前を「ミュージック・ペンクラブ・ジャパン」に変更。2014年には、音楽文化の発展を担う組織として、その活動を一層公的かつ国際的なものとすべく法人化にも踏み切りました。会員の幅は広がって、現在では音楽評論家、オーディオ評論家、音楽学者、音楽ライター、作曲家、演奏家、プロデューサー、訳詩者、編集者など、多様な職域から音楽に関わる専門家が結集しています。また、当クラブ発信のホームページを持ち、音楽賞や音楽イベントなどの文化活動を定期的に行っています。2014年現在、会員数は約160名です。


1.ミュージック・ペンクラブ音楽賞の贈呈
1993年に制定された当会が贈る年間の音楽賞です。毎年、クラシック、ポピュラー、オーディオの各分野で最も優れた作品、アーティスト等を会員の投票によって選出し、4月始めに受賞式を行っています。
2.ホームページの運営
毎月、当会のホームページで会員による新譜の紹介、コンサートやミュージカルのレヴュー記事、アーティストへのインタヴュー、コラム記事等を掲載しています。
http://www/musicpenclub.com/
3.イベント等の主催
当会主催のイベント等を定期的に開催して、会員によるトーク・ライヴでCDやビデオを紹介しながら、アーティストの素顔やエピソードを披露しています。時にはアーティストのライヴも行っており、今後はラジオ番組の制作等、更に幅を広げた活動を視野に入れています。
4.著作権保護
会員の著述物が有する著作権が不当な扱いを受けた時には、当会の担当委員会が交渉の窓口となり、解決にあたります。
5.社会的発言
音楽や言論の自由に関わる社会問題が生じた時には、その都度委員会で検討議論を重ね、会としての見解を関係機関に送付しています。


1.音楽に関する執筆活動に継続的に従事している実績。
2.会員2名以上の推薦と、委員会による承認。
3.会報に掲載後、会員からの異義が2ヶ月間委員会に届けられない場合。
〜以上の条件を満たしたものが、ミュージック・ペンクラブ・ジャパンの会員を構成している〜


★《会員資格1.》の条件を満たしていること。
★入会の意志を明らかにすること…事務局または当会のメンバーにご一報下さい。
★入会金(2,000円)、年会費(15,000円)。


〒101-0065 東京都千代田区西神田 2-4-1 東方学会本館22号室 
ミュージック・ペンクラブ・ジャパン事務局
TEL/FAX 03-3556-0200
e-mail. mail1@musicpenclub.com

このページのトップへ